Home > 文法 | 英語上達完全マップ | 親の英語・英会話 > 英語上達完全マップ的に「くもんの中学英文法」を学習してみる



英語上達完全マップ的に「くもんの中学英文法」を学習してみる

親の英語学習では、「中学レベルからやり直し」として、「くもんの中学英文法-中学1-3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)」に取り組んでいます。

いったん通読は終わりましたが、英語学習を進めていくにあたっての基本指針は「「英語上達完全マップ」となりますので、そこで示されている「サイクル法」、つまり何度も繰り返して仕上げていくことにします。

ちなみに、英語上達完全マップでは、英文法の学習は「英語を使いこなすための“運用文法”の習得」として位置づけられており、初期段階では「瞬間英作文」のトレーニングの中に組み込まれています。

そして、瞬間英作文のトレーニングがある程度進んだら、解説が充実しているタイプの「参考書型問題集」を段階的に3冊こなし、英文法の学習は終わりということになるようです。

実際に使用する3冊については、次のように述べられていますが、私の場合、中学英語レベルのやり直しですから、「くもんの中学英文法」は、この3冊以前のいわば「0冊目」という位置づけになるでしょう。

1.中学英語レベルの文型が身についた後、高校入試用文法問題集
2.中学以降のレベルの文型・構文の学習と並行して大学受験用文法問題集
3.必要に応じて、TOEIC,TOEFL用文法問題集

もちろん、英語上達完全マップにおいても「中学レベルの英文法がまったく理解できていない場合、まずはそのやり直しから」と明記されていますので、いま行っている「くもんの中学英文法」の通読もマップに沿った学習の一環と考えてよいと思います。

ただ、学習の具体的なやり方についていえば、1周目の通読はマップの手法に沿ったものとはいえませんでしたので、2週目以降は、より「英語上達完全マップ的な手法」で通読を進めていくつもりです。

英語上達完全マップ的な手法とは、イメージ的には「焦点となる文法的ポイントをセンテンスごと刷り込む」というものであり、具体的には「記載されている英文・センテンスをしっかり文法的に理解したうえで、何度か音読し、さらには目を上げて数回暗誦をしてみる」というものになります。

要するに、とにかく頭に刷り込んでいく作業を行うわけですね(サイクル法もその一環です)。

昨日から「くもんの中学英文法」の通読も2周目に入りましたが、この手法で読み進めていくと非常に時間がかかります。おそらく1周目の数倍はかかると思いますが、今はマップのやり方を信じて、確実にこなしていきたいと思います。

【親の英語】 昨日の学習時間・・・計70分

2.通勤中20分(集中力レベル★★★)
「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」瞬間英作文トレーニング

2.帰宅中20分(集中力レベル★★)
「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」瞬間英作文トレーニング

3.就寝前30分(集中力レベル★★★)
「くもんの中学英文法(スーパーステップ)」1章の通読

【親の英語】 英語上達完全マップの進行状況(10日目)

★瞬間英作文
1.「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」
【PART1】1~8の瞬間英作文(11周目)
【PART1】1~8の瞬間英作文(CD利用)(11~13周目)
【PART1】9~16の瞬間英作文(1周目)

★文法
「くもんの中学英文法(スーパーステップ)」
通読(2周目途中)


コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > 文法 | 英語上達完全マップ | 親の英語・英会話 > 英語上達完全マップ的に「くもんの中学英文法」を学習してみる

スポンサードリンク
プロフィール

親:マーロウ
1972年生まれのアラフォー男です。自身の反省を踏まえ、息子には「英語に苦労しない人生を送ってもらいたい」と強く願っています。
しかし、それなら「まずは自分が英語をモノにしなくては!」というわけで、現在、本気モードで英語習得にチャレンジ中。


子:マー坊
2011年生まれの乳幼児。現在1歳と1ヵ月です。マーロウの坊やだから、マー坊。某ヤンマーさんの有名キャラクターとは関係ありません(笑)。
とにもかくにも日本語を覚えるのが第一ということで、本格的に英語に触れさせるのは2歳ぐらいかな・・・と考えています。

【親】仕上げた教材・書籍の一覧

【英語上達完全マップ系】
★文法
くもんの中学英文法-中学1-3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)
くもんの中学英文法-中学1-3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)
<終了日>2012年2月23日
※所要14時間(マップ76日目)
<感想>少し英語学習を始めたところで、中学英語からやり直す必然性を強く感じ、非常に評判の良い本書を選択しました。瞬間英作文の「どんどん~」との相性が極めて良く、「なるほど!」「そういうことか!」と気づくことの連続でした。解説も分かりやすく、中学英語を網羅しているといえるため、本当に本書を選んで正解だったと思います。中学英語からやり直そうと思っている方には、絶対的におススメします!
<お勧め度>★★★★★

最近のコメント(大歓迎です!)
Twitter
リンク集

Return to page top