Home > 英語上達完全マップ | 親の英語・英会話 | 音読パッケージ > 英語上達完全マップの音読パッケージは「英語は暗記するな!」からスタート



英語上達完全マップの音読パッケージは「英語は暗記するな!」からスタート

息子(マー坊)が10ヵ月児とまだまだ小さく、また「親がまったくできないものを子どもに教えることはできない」という考えから、当サイトも現在は親(私)の英語学習がメインです。

親の英語学習については、多数の成功事例がある「英語上達完全マップ」を指針にしています。ただ、この英語上達完全マップの手法は、基本的に「膨大な時間をかけて真正面から英語習得を目指す」というものですので、仕事以外の自分の時間は、ほとんど英語学習に費やすような感じになっています。

まだマップに沿った勉強をスタートして10日ですが、それでも「このままやっていけば良い結果が出る」という確信的なものはつかめていますので、とにかくきっちりメニューをこなしていきたいと思います。

英語上達完全マップの根幹といえるトレーニングは「瞬間英作文」と「音読パッケージ」です。瞬間英作文についてはすでに取り組みを開始していますが、いよいよ昨日から音読パッケージのトレーニングを開始しました。

音読パッケージとは、通常の音読に「リピーティング」と「シャドーイング」を加えることで、トレーニングに変化をつけるものです。音読系のトレーニングを3つパックにして行うことから「音読パッケージ」という名が付いているようです。

英語上達完全マップによれば、これにより音読だけを行う単調さを軽減するとともに、違う刺激を与えることで英語力を異なる角度から強化できるとのこと。ちなみに、リピーティングとシャドーイングについては、下記のように定義されています。

<リピーティング>
リピーティングはリテンション(保持)とも呼ばれます。聴いて理解した英語を、そのまま繰り返します。トレーニングとしてリピーティングを行う際は、英文の間にポーズ(休止)が小刻みに入ったテープを使用します。まず、モデルの英語が1センテンス、あるいは1フレーズ流れ、それを聴き取り理解し、ポーズの間にそのまま繰り返します。

<シャドーイング>
リピーティングとは異なり、ポーズのない英語の後を聴きながら少し遅れて同じ英文を繰り返すトレーニングです。オリジナルの英語に影(shadow)のように従いついていくことから、この名があります。発音・イントネーションを磨くとともに英語に対する反射神経を養ってくれますが、非常に集中力を要しますので、通訳養成学校でも一度に行うのは10分前後のようです。

実際に「音読パッケージ」のトレーニングを行うにあたっては、リピーティング用の「ポーズ」が入った音源の付属する教材を利用するのがベストです。幸いなことに、英語上達完全マップの提唱者である森沢さん自身が作成した「専用教材」がありますので、私もこれを利用することにします。

ただ、レベル別にはいくつか種類があり、一般的には「みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング」が初級者用として広く知られています(英語上達完全マップの実践者たちの間では“みるみる”だけで通じるようです)。

みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング(CD BOOK)
みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング(CD BOOK)

しかし、私の場合、「くもんの中学英文法」からやり直しているくらいですから、より簡単な教材を使ったほうがよいという結論になりました。

これまた幸いなことに、近年は「みるみる」よりも簡単な音読パッケージ用の教材が登場していました。それが「英語は暗記するな! 1日30分・中学英語ではじめる学習法」です。

英語は暗記するな! 1日30分・中学英語ではじめる学習法
英語は暗記するな! 1日30分・中学英語ではじめる学習法

タイトルだけ見ると、何だか巷に溢れる「簡単に英語が身につく」みたいなノウハウ本の感じがしますが、英語上達完全マップの提唱者である森沢さんの著作であり、実際には超初心者向けの音読パッケージ用教材です。

本の内容や想定読者のターゲットからいえば、「“みるみる”より簡単!超初心者のための音読パッケージトレーニング」といったタイトルを付けるべきだと思いますが、どうしても出版社サイドはこういうドギツイ表題を付けたがりますね。

まあ、この話はさておき、(私にとっては)うってつけの教材が確保できましたので、早速昨日から本書に書かれているとおりの方法でトレーニングを開始することにしました(森沢さんの著作はすべて、英語上達完全マップに準拠した詳細なトレーニング方法が記載されています)。

まずは音読ではなく「先行リスニング」と呼ばれる段階からです。その具体的な内容や実践の感想は、また明日ご紹介ししたいと思います。

【親の英語】 昨日の学習時間・・・計190分

1.通勤中20分(集中力レベル★★★)
「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」瞬間英作文トレーニング

2.帰宅中20分(集中力レベル★★)
「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」瞬間英作文トレーニング

3.自宅50分(集中力レベル★★★)
「くもんの中学英文法(スーパーステップ)」第2章の通読

4.自宅70分(集中力レベル★★★)
「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」瞬間英作文トレーニング

5.就寝前30分(集中力レベル★★★)
「英語は暗記するな! 1日30分・中学英語ではじめる学習法」音読パッケージトレーニング

【親の英語】 英語上達完全マップの進行状況(11日目)

★音読パッケージ
1.「英語は暗記するな! 1日30分・中学英語ではじめる学習法」
【Lesson1~8】先行リスニング(2周目)

★瞬間英作文
1.「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」
【PART1】1~8の瞬間英作文(11周目)
【PART1】1~8の瞬間英作文(CD利用)(14~16周目)
【PART1】9~16の瞬間英作文(2~3周目)

★文法
1.「くもんの中学英文法(スーパーステップ)」
通読(2周目途中)


コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > 英語上達完全マップ | 親の英語・英会話 | 音読パッケージ > 英語上達完全マップの音読パッケージは「英語は暗記するな!」からスタート

スポンサードリンク
プロフィール

親:マーロウ
1972年生まれのアラフォー男です。自身の反省を踏まえ、息子には「英語に苦労しない人生を送ってもらいたい」と強く願っています。
しかし、それなら「まずは自分が英語をモノにしなくては!」というわけで、現在、本気モードで英語習得にチャレンジ中。


子:マー坊
2011年生まれの乳幼児。現在1歳と1ヵ月です。マーロウの坊やだから、マー坊。某ヤンマーさんの有名キャラクターとは関係ありません(笑)。
とにもかくにも日本語を覚えるのが第一ということで、本格的に英語に触れさせるのは2歳ぐらいかな・・・と考えています。

【親】仕上げた教材・書籍の一覧

【英語上達完全マップ系】
★文法
くもんの中学英文法-中学1-3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)
くもんの中学英文法-中学1-3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)
<終了日>2012年2月23日
※所要14時間(マップ76日目)
<感想>少し英語学習を始めたところで、中学英語からやり直す必然性を強く感じ、非常に評判の良い本書を選択しました。瞬間英作文の「どんどん~」との相性が極めて良く、「なるほど!」「そういうことか!」と気づくことの連続でした。解説も分かりやすく、中学英語を網羅しているといえるため、本当に本書を選んで正解だったと思います。中学英語からやり直そうと思っている方には、絶対的におススメします!
<お勧め度>★★★★★

最近のコメント(大歓迎です!)
Twitter
リンク集

Return to page top