Home > 親の英語・英会話 > iPhone



iPhone Archive

発音も悲惨!まずは「世界一わかりやすい英語の発音の授業」からスタート

学習の基本指針としている英語上達完全マップでは、「発音」については大きく言及していませんが、マップの実践にあたっては「音読」が非常に大きなウェイトを占めますから、できれば早い段階からキチンとした発音を身につけ、各種の音読トレーニングを行っていきたいと考えています。

ただ、自分の発音が現在どの程度のものなのか、(もちろんまったくダメなのは分かっていますが)一応確認しておきたいと思い、iPhone4Sに標準装備されている音声認識タイプの秘書機能「Siri」に、いろいろと話しかけてみました。

結果は、・・・・・・もう最悪です。もしや音声認識機能が壊れているではないかと思うくらい、まったく通じません。

あまりにもヒドイので、iPhoneアプリの「Google Translate(Google翻訳)」でも音声認識を試してみたのですが、こちらもまるで認識してくれません。文章はもちろん問題外で、単語でもbook、dogぐらいならどうにか聞き取ってくれるものの、interesting、immediatelyぐらいの長さになると、もう全然ダメです。

あまりの惨状にガク然としてしまったわけですが、よく考えたら、私は発音記号ひとつまともに読めません。結局、発音についても、一から徹底的にやり直す(直すという表現すら適切ではありませんが・・・)必要があることが分かりました。

そこで、「まずは発音の本を読んでみよう」ということで、選んだのが「世界一わかりやすい英語の発音の授業」です。英語上達完全マップに出会う前に購入した「世界一わかりやすい英文法の授業」が非常に分かりやすかったので(今の私にはまだレベルが高すぎましたが・・・)、同じ著者(関正生さん)の書籍を選択することにしました。

CD付 世界一わかりやすい英語の発音の授業
CD付 世界一わかりやすい英語の発音の授業

やはり、関さんの著作は非常に読みやすく、昨晩1回目の通読が完了しました。大げさではなく、本当に「目から鱗」という内容で、発音の習得・トレーニングに対する漠然とした不安が大きく払拭されました。CDを使った本格的なトレーニングはこれから行っていかなければなりませんが、まずは本書に記載されている内容を徹底的にマスターしたいと思います。

それにしても、私が英語の勉強をしたのは大学受験以来ですから、もう20年前のことになりますが、現在活用中の「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」「ネイティブ厳選 必ず使える英会話 まる覚え」などを含めて、今は本当に良書がたくさん出ていることを実感します。

これらを上手に活かしていけば、いつかは英語をモノにできそうな気がしてきます。頑張らなければ・・・。

【親の英語】 昨日の学習時間・・・計90分

1.通勤中20分(集中力レベル★)
「ネイティブ厳選 必ず使える英会話 まる覚え」Scene15~30のリスニング

2.就寝前50分(集中力レベル★★★)
「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」瞬間英作文トレーニング

3.就寝前20分(集中力レベル★★)
CD付 世界一わかりやすい 英語の発音の授業150ページ~最終ページの通読・発声

【親の英語】 英語上達完全マップの進行状況(6日目)

★瞬間英作文
1.「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」
【PART1】1~8の瞬間英作文(9~10周目)


親の英語学習はやっぱりiPhone頼りになりそう

今回の英語習得に向けたチャレンジ(親)では、とりあえず英会話スクールなどには通わず、独学という道を選びたいと思います。

もちろん先々、いろいろ調べた結果として「英会話スクールに行ったほうが(費用対効果から見ても)いい」という結論になったとすれば、スクールの活用なども取り入れる可能性はありますが、当面は書籍や教材、インターネットなどを活用した独学・独習で学んでいきたいと考えています。

昨日のエントリーで述べたように、英語学習のとっかかりとしてはJリサーチ出版の「ネイティブ厳選 必ず使える英会話 まる覚え (J新書)」を“まる覚え”するところから始めたわけですが、この書籍は、付属のCDを聞くことに意味があると思いますから、やはり音楽プレーヤーの活用が欠かせません。

私が使っているのは、やっぱりiPhone。ご存知のとおりiPhoneには、音楽プレーヤーとしての機能だけでなく、英語を勉強するための各種アプリが大量に用意されています。リーディング、リスニング、スピーキングから英文法、単語習得にいたるまで、それこそ山のように有料・無料で提供されていますので、これらをiPhoneを上手に活用することで、英語を身につける道のりはグンと近くなるはず(だと思います)。

とりあえず昨日今日は、iPhoneに取り込んだ「ネイティブ厳選 必ず使える英会話 まる覚え (J新書)」を聞いてみることから始めました。いずれにしても親の英語学習では、iPhoneが手放せない存在になりそうです。

【親の英語】 昨日の学習時間・・・計60分

1.通勤時20分間(集中力レベル★★)
「ネイティブ厳選 必ず使える英会話 まる覚え」Scene1~10のリスニング

2.帰宅時20分間(集中力レベル★★)
「ネイティブ厳選 必ず使える英会話 まる覚え」Scene1~10のリスニング

3.就寝前20分間(集中力レベル★)
「ネイティブ厳選 必ず使える英会話 まる覚え」Scene1~10のリスニング

【親の英語】 覚えた(つもりの)フレーズ・文法など

I’d like you to meet my wife Maria.
(妻のマリアを紹介します)

I’d like~というフレーズは、英語では定番といえるものだと思いますが、このフレーズのように、likeの後にyouがくるパターンと、toがくるパターンがあり、どういう理由で使い分けているのか、まったく分かりません。分かる人には馬鹿みたいな話なんでしょうけど、これも今後の宿題ですね。


ホーム > 親の英語・英会話 > iPhone

スポンサードリンク
プロフィール

親:マーロウ
1972年生まれのアラフォー男です。自身の反省を踏まえ、息子には「英語に苦労しない人生を送ってもらいたい」と強く願っています。
しかし、それなら「まずは自分が英語をモノにしなくては!」というわけで、現在、本気モードで英語習得にチャレンジ中。


子:マー坊
2011年生まれの乳幼児。現在1歳と1ヵ月です。マーロウの坊やだから、マー坊。某ヤンマーさんの有名キャラクターとは関係ありません(笑)。
とにもかくにも日本語を覚えるのが第一ということで、本格的に英語に触れさせるのは2歳ぐらいかな・・・と考えています。

【親】仕上げた教材・書籍の一覧

【英語上達完全マップ系】
★文法
くもんの中学英文法-中学1-3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)
くもんの中学英文法-中学1-3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)
<終了日>2012年2月23日
※所要14時間(マップ76日目)
<感想>少し英語学習を始めたところで、中学英語からやり直す必然性を強く感じ、非常に評判の良い本書を選択しました。瞬間英作文の「どんどん~」との相性が極めて良く、「なるほど!」「そういうことか!」と気づくことの連続でした。解説も分かりやすく、中学英語を網羅しているといえるため、本当に本書を選んで正解だったと思います。中学英語からやり直そうと思っている方には、絶対的におススメします!
<お勧め度>★★★★★

最近のコメント(大歓迎です!)
Twitter
リンク集

Return to page top