Home > 親の英語・英会話 > その他の教材・勉強法



その他の教材・勉強法 Archive

英語上達完全マップ実践の気分転換に「速読英単語 入門編」を購入

親の英語学習については、英語上達完全マップを指針としており、その内容には絶対的な信頼を置いています。

ただ、マップの実践者なら共感いただけると思いますが、初期段階は徹底的な基礎固めのトレーニングであり、「瞬間英作文」にしろ「音読パッケージ」にしろ、同じ英文等を何度も何度も繰り返し使って学習を進めていくことになりますので、どうしても「飽き」という問題が出てきます。

そこで、あくまで英語上達完全マップに伴うトレーニングを続けながらも、細切れにあいた時間などを利用して、評判の良い基礎的な英文を少しずつ読んでみることにしました。

選んだのは、Z会の発行している「速読英単語 入門編」。基本的に英単語集ですが、まとまった英文を読みながら覚えていく「文脈型」の単語集であり、そこに収録されている英文は適度に語彙制限されていて、現在の私のレベルにはピッタリだと判断しました。

速読英単語 入門編 改訂版
速読英単語 入門編 改訂版

この速読英単語シリーズは、このひとつ上の「必修編」が特に有名ですが、この入門編も非常に良くできた書籍で、単語と一緒に大量の例文も載っていますから、先々の瞬間英作文(第2ステージ)トレーニングにも大いに活用できそうです。

音声CDが別売りなのが残念ですが、価格も安く、どんどん読み進めていくことができるため、よい気分転換になっています。まだ本格的に英語学習を始めて2ヶ月ちょっとですが、中学レベルの文法は「かなりおさらいできている」ということも実感することができ、モチベーションの維持にも一役買ってくれています。なかなか良い書籍に出会うことができました。

【親の英語】 2月1~7日の学習時間・・・計1160分

★音読パッケージトレーニング
「英語は暗記するな! 1日30分・中学英語ではじめる学習法」
2月1日・・・100分 2月3日・・・60分 2月5日・・・90分 2月7日・・・110分
 
★瞬間英作文トレーニング
「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」
2月1日・・・110分 2月2日・・・170分 2月3日・・・110分 2月4日・・・140分 2月5日・・・120分 2月6日・・・110分 2月7日・・・40分


「音読パッケージ」「瞬間英作文」のトレーニングでは、どこまで「発音」を気にするか?

現在、親の英語学習では、「英語上達完全マップ」を指針とする「瞬間英作文」と「音読パッケージ」のトレーニングが柱となっています。

音読パッケージはもちろん、瞬間英作文も英文を口に出して行いますので、どちらも「英語を話す」という行為を伴います。

ここで一つ悩んでいるのが「発音」です。私は発音もまったくダメなのですが、とりあえず「世界一わかりやすい英語の発音の授業」で発音の矯正も少しずつ行っています。

CD付 世界一わかりやすい英語の発音の授業
CD付 世界一わかりやすい英語の発音の授業

まだまだ正確な発音ができるものは一つもないと思うものの、やはり早い段階から身につけていかなければ、後で大きな苦労をするのは目に見えています。

特に、thの発音には気をつけているのですが、瞬間英作文と音読パッケージのトレーニングでこれに気を配ると、肝心の瞬間英作文やリピーティングが疎かになってしまうという問題に直面しています。

実は、RとLの発音についても気をつけたいところですが、こちらは気にし出すと瞬間英作文と音読パッケージのトレーニングが遅々として進まなくなってしまうので、今のところ目をつぶっています。

ただ、この判断を含めて「本当にこれでいいのか」非常に迷っているところです。また、発音練習の教材としても「世界一わかりやすい英語の発音の授業」だけでは足りない気がしており(分かりやすくて非常に重宝していますが、トレーニング用の材料があまりにも少ないんです・・・)、もう少しやり込んだら次の教材利用を考えたいと思います。

英語上達完全マップには「発音」に関するアドバイスがほとんどないだけに、何か頼りになる考え方・勉強法などを発見したいところです。

【親の英語】 1月4日の学習時間・・・計100分

通勤中20分(集中力レベル★★)
「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」 瞬間英作文トレーニング

帰宅中20分(集中力レベル★★)
「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」 瞬間英作文トレーニング

自宅50分(集中力レベル★★)
「英語は暗記するな! 1日30分・中学英語ではじめる学習法」 音読パッケージトレーニング

就寝前20分(集中力レベル★★)
CD付 世界一わかりやすい 英語の発音の授業 発声トレーニング

【親の英語】 英語上達完全マップの進行状況(26日目)

★音読パッケージ
1.「英語は暗記するな! 1日30分・中学英語ではじめる学習法」
【Lesson1~8】先行リスニング(8~10周目)
【Lesson1~8】Lesson5-3の音読パッケージトレーニング(1周目)

★瞬間英作文
2.「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」
【PART1】1~8の瞬間英作文(15周目)
【PART1】1~8の瞬間英作文(CD利用)(34周目)
【PART1】9~16の瞬間英作文(14周目)
【PART1】9~16の瞬間英作文(CD利用)(20~21周目)
【PART1】17~23の瞬間英作文(11周目)
【PART1】17~23の瞬間英作文(CD利用)(3~4周目)

★文法
1.「くもんの中学英文法(スーパーステップ)」
通読(2周目)


発音も悲惨!まずは「世界一わかりやすい英語の発音の授業」からスタート

学習の基本指針としている英語上達完全マップでは、「発音」については大きく言及していませんが、マップの実践にあたっては「音読」が非常に大きなウェイトを占めますから、できれば早い段階からキチンとした発音を身につけ、各種の音読トレーニングを行っていきたいと考えています。

ただ、自分の発音が現在どの程度のものなのか、(もちろんまったくダメなのは分かっていますが)一応確認しておきたいと思い、iPhone4Sに標準装備されている音声認識タイプの秘書機能「Siri」に、いろいろと話しかけてみました。

結果は、・・・・・・もう最悪です。もしや音声認識機能が壊れているではないかと思うくらい、まったく通じません。

あまりにもヒドイので、iPhoneアプリの「Google Translate(Google翻訳)」でも音声認識を試してみたのですが、こちらもまるで認識してくれません。文章はもちろん問題外で、単語でもbook、dogぐらいならどうにか聞き取ってくれるものの、interesting、immediatelyぐらいの長さになると、もう全然ダメです。

あまりの惨状にガク然としてしまったわけですが、よく考えたら、私は発音記号ひとつまともに読めません。結局、発音についても、一から徹底的にやり直す(直すという表現すら適切ではありませんが・・・)必要があることが分かりました。

そこで、「まずは発音の本を読んでみよう」ということで、選んだのが「世界一わかりやすい英語の発音の授業」です。英語上達完全マップに出会う前に購入した「世界一わかりやすい英文法の授業」が非常に分かりやすかったので(今の私にはまだレベルが高すぎましたが・・・)、同じ著者(関正生さん)の書籍を選択することにしました。

CD付 世界一わかりやすい英語の発音の授業
CD付 世界一わかりやすい英語の発音の授業

やはり、関さんの著作は非常に読みやすく、昨晩1回目の通読が完了しました。大げさではなく、本当に「目から鱗」という内容で、発音の習得・トレーニングに対する漠然とした不安が大きく払拭されました。CDを使った本格的なトレーニングはこれから行っていかなければなりませんが、まずは本書に記載されている内容を徹底的にマスターしたいと思います。

それにしても、私が英語の勉強をしたのは大学受験以来ですから、もう20年前のことになりますが、現在活用中の「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」「ネイティブ厳選 必ず使える英会話 まる覚え」などを含めて、今は本当に良書がたくさん出ていることを実感します。

これらを上手に活かしていけば、いつかは英語をモノにできそうな気がしてきます。頑張らなければ・・・。

【親の英語】 昨日の学習時間・・・計90分

1.通勤中20分(集中力レベル★)
「ネイティブ厳選 必ず使える英会話 まる覚え」Scene15~30のリスニング

2.就寝前50分(集中力レベル★★★)
「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」瞬間英作文トレーニング

3.就寝前20分(集中力レベル★★)
CD付 世界一わかりやすい 英語の発音の授業150ページ~最終ページの通読・発声

【親の英語】 英語上達完全マップの進行状況(6日目)

★瞬間英作文
1.「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」
【PART1】1~8の瞬間英作文(9~10周目)


「世界一わかりやすい英文法の授業」の通読終了

すべての英語学習のスタートとして、本屋で見つけて「ビビッ」と来た「ネイティブ厳選 必ず使える英会話 まる覚え」の“まる覚え”から取り組んでいますが、やはり英文法の知識がまったく不足していることを痛感し、2日前から、こちらも本屋で「ビビッ」と来た「世界一わかりやすい英文法の授業」を通読しています。

「世界一わかりやすい」というタイトルどおり、非常に読みやすく、また「なるほど」と思う事柄が満載されているため、確実に「当たり」の書籍だった思っています。どんどん読み進めることができますので、早くも通読が終了しました(巻末付録除く)。

一応、最後まで読み終えたものの、終盤の「関係詞」の一連の説明が(現時点の私にとっては)少し難しく、正直あまり理解が進みませんでした。実は、関係代名詞をはじめとする関係詞については、大学受験で多少英語を勉強したときにもキチンと理解することができなかった分野です。

今に至るまでも漠然と「分からないもの」という認識がありましたが、残念ながら本書を読んでも、それを払拭することはできなかったようです。ただこれは、本書の説明方法に問題があるのではなく、私の基本知識が根本的に足りないのだと思います。はっきり言えば、この「世界一わかりやすい英文法の授業」を読むのは「早過ぎた」のでしょう。

この本自体は非常に良書だと思いますので、今後も何回か通読を繰り返したいと思いますが、私の場合、もう少し基本的なところから勉強し直す必要がありそうです。

「ネイティブ厳選 必ず使える英会話 まる覚え」の“まる覚え”については、もちろん継続してチャレンジしていきますが、これからの英語学習をどう進めていくのか、もう少し長期的な視野で考えてみたいところです。

【親の英語】 昨日の学習時間・・・計80分

1.通勤中20分(集中力レベル★)
「ネイティブ厳選 必ず使える英会話 まる覚え」Scene1~10のリスニング

2.帰宅後40分(集中力レベル★★★)
「世界一わかりやすい英文法の授業」68~100ページの通読

3.就寝前20分(集中力レベル★★)
「ネイティブ厳選 必ず使える英会話 まる覚え」Scene1~12の音読

【親の英語】 気になるor覚えた(つもりの)フレーズ・文法など

DO you have anything to declare?
(何か申告するものはありますか?)

英文の中には、なぜかすぐに覚えることができて、しかも頭から離れないものがあります。上記の文章もそのひとつで、なぜか記憶に定着してしまいました。こういったものばかりだと、英文の暗唱もスラスラと進むはずですが、こういったものはやっぱり例外なんですよね。


「世界一わかりやすい英文法の授業」は読み物としても秀逸

英文法の基礎を学び直すため、昨日購入した「世界一わかりやすい英文法の授業」ですが、あっという間に3分2くらい読んでしまいました。

世界一わかりやすい英文法の授業

「willは“~でしょう”じゃない」「“仮定法にはifが必要”という思い込みを捨てる」など、本当に「なるほど」と思うような話がたくさん載っていて、純粋に「読み物」として非常に面白い書籍だと思います。

ただ、トピック的な話題を順番に記載している感じはあるので、本来の目的である「英文法の基本を一から網羅的に勉強する」という目的からは少し外れているような気もします。どちらかというと、英文法にまつわるいくつかの「モヤモヤ」を晴らすためのヒント集、といった感じの書籍でしょうか。

明日には読み終わってしまうと思うので(今後も何回か繰り返し読むつもりですが)、やはり英文法については当初の予定どおり「フォレスト」(総合英語Forest 6th edition)を購入して、網羅的に勉強し直したいと思います。

もちろん、この「世界一わかりやすい英文法の授業」という書籍には、ごくごく早い段階で「英語を学ぶ面白さ」を教えてくれたという点で、非常に感謝しています。今、この文章を書いている間も、続きが読みたくてウズウズしています。

このモチベーションがずっと継続すれば、英語をモノにできる日が本当に来るかもしれません。

【親の英語】 昨日の学習時間・・・計100分

1.通勤中20分(集中力レベル★★)
「ネイティブ厳選 必ず使える英会話 まる覚え」Scene1~8のシャドーイング

2.帰宅中20分(集中力レベル★)
「ネイティブ厳選 必ず使える英会話 まる覚え」Scene1~8のリスニング

3.帰宅後30分(集中力レベル★★★)
「世界一わかりやすい英文法の授業」16~68ページの通読

3.就寝前30分(集中力レベル★★★)
「ネイティブ厳選 必ず使える英会話 まる覚え」Scene1~10の音読

【親の英語】 気になるor覚えた(つもりの)フレーズ・文法など

I’ve missed more than 9000 shots in my career.I’ve lost almost 300 games. I’ve faled over and over and over agein in my life.That is why I succeed.
(いままでにミスしたシュート9000本。負けゲーム300回。ずっとミスしてきた。何度も、何度も、何度も。だから俺は成功する)

「世界一わかりやすい英文法の授業」の中で題材とされていた、バスケットボールの「神様」マイケル・ジョーダンの名言です。have+過去分詞で表される現在完了形の説明で引用されたものですが、本書の解説を読んで本当に「なるほど」と思いました。

ただ、現在完了形と関係のない部分である「That is why I succeed」が、なぜ「だから俺は成功する」と読めるのか、whyの使い方を中心に今ひとつよく分かりません。やはり、こうした点をしっかり理解するため、より総合的な文法書を読み込む必要がありそうです。


ホーム > 親の英語・英会話 > その他の教材・勉強法

スポンサードリンク
プロフィール

親:マーロウ
1972年生まれのアラフォー男です。自身の反省を踏まえ、息子には「英語に苦労しない人生を送ってもらいたい」と強く願っています。
しかし、それなら「まずは自分が英語をモノにしなくては!」というわけで、現在、本気モードで英語習得にチャレンジ中。


子:マー坊
2011年生まれの乳幼児。現在1歳と1ヵ月です。マーロウの坊やだから、マー坊。某ヤンマーさんの有名キャラクターとは関係ありません(笑)。
とにもかくにも日本語を覚えるのが第一ということで、本格的に英語に触れさせるのは2歳ぐらいかな・・・と考えています。

【親】仕上げた教材・書籍の一覧

【英語上達完全マップ系】
★文法
くもんの中学英文法-中学1-3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)
くもんの中学英文法-中学1-3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)
<終了日>2012年2月23日
※所要14時間(マップ76日目)
<感想>少し英語学習を始めたところで、中学英語からやり直す必然性を強く感じ、非常に評判の良い本書を選択しました。瞬間英作文の「どんどん~」との相性が極めて良く、「なるほど!」「そういうことか!」と気づくことの連続でした。解説も分かりやすく、中学英語を網羅しているといえるため、本当に本書を選んで正解だったと思います。中学英語からやり直そうと思っている方には、絶対的におススメします!
<お勧め度>★★★★★

最近のコメント(大歓迎です!)
Twitter
リンク集

Return to page top